春を探しに(黒猫ドーム)

次は、黒猫ドームのお散歩。


今年16歳を迎えます。


ここ数年は外出の回数も時間も少なくなりましたが、


見た目は「美魔女」です。


ドームのお散歩スタイルは、目的地に向かって一直線型。


「足が冷たいにゃん」


狩りじゃないなら、


さっさと帰ろうよ。


黒猫はクールでカッコいい。


これはドームの足跡です。





春を探しに(八割れハウス)

4月になって気温が急上昇し


雪解けがどんどん進んでいますが、


それでも昨日はまた雪が降って、


再び地面が白くなりました。


八割れハウスのお散歩は、


右に左にジグザグ寄り道タイプ。


雪の上の足跡、これが最後かな。





お尻丸出し?

ユンボ出動!


丸太をつかんで


運びます。


チョークで長さ45センチ毎に印をし、


チェンソーで玉切り。


ユンボのおかげで作業効率が抜群にイイ!


因みに、ドームハウスのパパが着用しているズボンは、ナイロン製の作業ズボン(雨合羽みたいな感じ)。お尻が破れているのではなく、木くずがつかないように前面だけカバーし、且つ、動きやすいようにお尻がこんなにカットされていますよ。つなぎがオレンジだから、お尻が空いているのがすごく目立ちますね(^-^;





行ってみる?

丘に向かって


猫たちの散歩道をつくっているドームハウスのパパ。


来た来た!


どうする?


行かないらしい。





興味津々

外を眺めているのは、ドームハウスのパパと黒猫ドーム。


2人が見ているのは、木の伐採作業の様子。


ず−−−っと眺めておりました。




お久しぶりです。

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

この春、めでたく大学院(修士課程)を無事に修了いたしました\(^o^)/

1月は修士論文の口頭試問で、

2月は研究成果発表会で、

3月は論文合格の安堵感と修了式で気が抜けて…

4月を迎えてしまいました。


暗くて長いトンネルの中を、さまよった3年間(長期履修)

論文を書くことに苦労しました−。

頭の中がぐちゃぐちゃになって整理がつかず、

枝葉が付きすぎたり、文章が冗長でわかりにくかったり。

小さいころから作文が苦手、手紙が苦手、メールが苦手、

だからこのブログだって、ほとんど画像。

文字で伝えることを避けてきた「ツケ」が、一気に私を襲いました(+_+)。

…自業自得ですね。


この先ですが、

今後も統計の勉強を続けて、

看護研究の統計処理のサポートをしていこうと思います。

統計解析と結果レポート、図表作成は好きな分野です。

好きなことを活かして、密かに生きていきます(^^)。




念力?

モグモグ


「なんか…、気配がする」


じ―――――――っ。


「…落ち着かないにゃん」


一目散に


駆け寄るハウス


念力送ったでしょ?





ブログ内検索

カウンター



人気ブログ

selected entries

categories

recent comment

リンク

管理人 profile

links

archives

others

mobile

qrcode